【口コミ評判本舗】安全安心無添加キャットフード比較ランキング

プレミアムキャットフードは猫の健康増進に役立つ

キャットフードの中にはプレミアムキャットフードと呼ばれている特別な製品があり、子猫の、そしてシニア猫の健康にも良い、安心・安全なキャットフードがあります。

 

プレミアムとついていると、何だか特別な凄い製品なんじゃ?と思えてくるかもしれませんが、品質は確かに高いです。

 

このプレミアムキャットフードは、他の製品と比較して何が違うのか?というと、

 

1番の違いは猫の健康にとって非常に望ましいものとなっている点です。

 

人間でも同様ですけど、食品の中に保存料や着色料といったものが多く含まれていると、健康にはよくないとされています。

 

そこに気を使っているのがプレミアムキャットフードで、保存料や着色料がほとんど入っていません。

 

だからこそ、猫の体調面などを考えたときには特におすすめできる製品と言えるのです。

 

人間も当然自身の健康には気を使いますが、猫が口にするものもできるだけ気を使ってもらいたいと思います。

 

そのときに有効なのが、このプレミアムキャットフードになるのです。

 

しかし、1つ注意してほしいのはこのプレミアムキャットフードというのは、国内においてはきちんとした定義がないので、

 

各社が勝手にプレミアムキャットフードと名乗れる状態になっています。

 

したがって、製品を選ぶときにはどれを買っても同じとは思わずに、きちんと調べたうえで良いものを購入していきましょう。

 

愛猫に与えるキャットフードと健康

 

私が猫を飼いはじめた当初、キャットフードの銘柄には全く無頓着でした。

 

私が飼っている猫は知人からの貰い猫なのですが、我が家に来た当初から、ドラッグストアで安売りしていて、

 

適当に買ってきたドライフードをもりもりと食べていました。

 

ドライフードが無くなる度に、そのタイミングで安売りをしているキャットフードを購入していたので、銘柄は頻繁に変わっていたと思いますが、

 

買ってきたキャットフードを食べたがらないということは一度もありませんでした。

 

 

 

どんな銘柄のキャットフードを購入していたのか、正確には憶えていないのですが、安売りをしていた商品ですので、

 

品質が良いとは言えない物を愛猫に与えていたのだと思います。

 

私がキャットフードの品質を気にしだしたのは、去勢の為に訪れた動物病院で、猫の食べ物と病気についての話を聞いてからでした。

 

 

 

考えてみれば当たり前なのですが、人間と同じで猫だって食べているものに体調を左右されます。

 

着色料や、保存料といったような余計なものは出来るだけ摂取しない方が猫の体にも良いはずです。

 

それに、猫が病気になった場合の医療費は保険に入っていれば別ですが、とても高額です。

 

そう考えると、キャットフードの銘柄もしっかりと調べる必要があります。

 

キャットフードを値段だけで選んでる方は、値段と安全性の関連について、少しでも良いので調べてみると良いと思います。

 

肉風味のキャットフードは食べないうちの猫

 

 

我が家の猫は小さいときから魚風味のキャットフードのみを与えてきていたせいか肉風味のキャットフードはニオイを嗅いで食べないようになってしまいました。

 

ニオイを嗅ぐまではくるのですが、そこからは変な顔をして去っていってしまうのです。

 

子供のときから肉風味にもなれさせておけば食べてくれたのかもしれませんが、子猫用フードって肉風味があまりないのでどうしても魚風味のみになってしまうのです。

 

そうすると、これは猫の食べ物ではないと判断してしまうらしく、チキン味フードやターキー味など食べてくれないのです。

 

せっかく購入してきても食べてくれないのでちょっとムダになってしまいます。

 

そこで、魚風味のフードと混ぜることにしています。

 

半分半分くらいで魚と肉で混ぜると食べてくれるので、今ある分はそうやって消費していますが今後購入するときにはもっと気をつけて購入しなければならないなぁと思ってしまいます。

 

あと気をつけているのは、毎日食べるものですからマグネシウム値が0.9以下のものを選んでいます。

 

マグネシウム値が高いと病気になりやすく、尿路結石などがうちの猫は出来やすいので購入するときにはその点も注意して選ぶようにしています。

 

それで健康に長生きしてくれるのであればいくらでも払っちゃいます。

 
 
キャットフード

 

4Dミートを使っていないキャットフードを選びましょう。

 

この「4Dミート」と呼ばれるものは専門用語で、私たちが食べることはない肉を指します。

 

その4Dミートの種類が道路で轢かれて亡くなった動物の肉、病気にかかった動物の肉、安楽死を受けた動物の肉、臓器、くちばしなど…スーパーから回収された廃棄肉や飲食店から出た生ゴミからなるものです。

 

これらを使うと低価格でエサを購入することができますが、猫の体のことを考えるとよくありません。

 

もちろん人間が食べても同じです。

 

さらに、安いエサだけに限った話ではなくそこそこする価格のエサの中にも含まれています。

 

こういったエサを猫に食べさせると毛並みが悪くなり、病弱になるなどの症状が出てしまいます。

 

 

 

・獣医が認めた猫におすすめなエサをご紹介します。

 

1.カナガン(ネット限定のキャットフード)

 

人間が食べても安全な原材料がベースになっています。

 

4Dミートはもちろん、穀物類も一切使っていません。

 

肉以外にも野菜やハーブなど、ネコにとって必要な栄養がたっぷりブレンドされています。

 

国際規格「SAI GLOBAL」のクラスAを取得するほど非常に厳しい安全基準の下、作られている一流のキャットフードです。

 

 

2.シンプリーキャットフード

 

サーモンが主原料のキャットフード鶏アレルギーやシニア猫におすすめです。

 

ネコちゃんの健康寿命を考え栄養学者と共同開発した人工添加物・着色料・穀類も不使用のヘルシーキャットフードです。

 

原材料はサーモンですので、チキンアレルギーの猫も食べられます。

 

また、低カロリー&高タンパク質なので太り気味のネコや食が細くなってきたシニア猫にも安心です。

 
キャットフードの中身に気をつけよう。

 

キャットフードには様様な肉などが使わています。

 

しかしこの肉は本当に安全なのかと言うかは問題が違ってくるのです、大手だから安心というわけではないのです。

 

よくキャットフードの裏の成分表などに書かれている部分をよく調べて購入することをおすすめします。

 

例えばミートミールとかミールなど書かれているものは危険だということです。

 

この肉は動物の死んだ肉をつかっておりただの肉ならばよいのですが内蔵や骨なども入っておりヘタすると糞尿や羽やくちばしなど入っているとウィルスなども混入されている可能性も否定できません。

 

このように愛猫が最近元気がなくなってきたとこ毛並みが悪くなってきたとか口臭や便などが臭いなど出てきたらやはり体が悪くなって着ている証拠だといえるでしょう。

 

手遅れになる前に上げるキャットフードは替えるべきだと思います。

 

また防腐剤などが入っているのも危険でです、これは毒性の強いものであり愛猫の体調を壊してしまう恐れも出てきますのでよく観察してこれらの成分が入っていないものを上げるようにしましょう。

 

値段はやはり貼るかもしれませんが愛猫の健康こそ大事な問題ですのでお金には替える事ができないものだと思います。

猫によってキャットフードの好みは違う

 

人間が一人一人異なる味覚と好みを持っているように、猫にもそれぞれ異なる好みがあります。

 

その為、自分が飼っている猫がどういう種類のキャットフードを好んでいるのか、まずは手探りで探してあげることが大切です。

 

キャットフードの大まかな分類としては、ドライフードとウェットフードがあります。

 

ドライフードというのは含まれる水分がとても少ないフードです。

 

コロコロとした固形になっており、食べる際にカリカリという音がすることから、カリカリと呼ばれることも多いです。

 

ウェットフードは水分量が多いフードで、ドライフードと比べると非常に柔らかいのが特徴でしょう。

 

主に猫缶やパウチタイプのフードがウェットフードに分類されます。

 

保存性や手軽さの面では、ドライフードの方が合理的だと言えます。

 

しかしドライフードとウェットフードの違いは、特に猫の好みが大きく分かれる部分なのです。

 

どちらも食べる猫もいますが、頑なにどちらか一方のタイプしか食べてくれない猫も珍しくありません。

 

好みではないタイプのフードを与えると猫にとってストレスになってしまう可能性があります。飼い主としては手軽に与えやすいフードを選択したくなってしまいますが、出来れば両方のタイプをいくつか試してみて、好みに合ったタイプを与えるようにしましょう。

好きなキャットフードを探せ

 

我が家の猫は生まれつき腎臓が悪いので、基本的にはどんなメーカーさんのキャットフードでも療法食の腎臓サポートの物になります。

 

獣医さんから指示されたものを食べていたのですが、ある日突然まったく食べなくなってしまいました。

 

水分は取っていたのですがどんどん痩せていく一方だったので病院へ点滴に通う毎日でした。

 

しばらく通院して検査の数値などもだいぶ改善されてきていたのにやはりまったくキャットフードを食べません。

 

すっかりやせ細ってしまい、何とか食べさせたいと獣医さんに相談したら、数種類のキャットフードのサンプルをいただきました。

 

それが始まりです。

 

毎食ごとに違う味の物を出してみたのです。結果として作戦は大成功。

 

ものすごい勢いで食べてくれました。病院からもらってきたサンプルをすべて食べました。

 

が、問題が発生。何と好き嫌いを訴え始めたのです。

 

好みじゃないキャットフードを与えるとじっと人の顔を見て一切食べようとしません。

 

その視線はこう訴えているのです。

 

「これ、好みじゃないので違うキャットフードありますよね?」

 

と、要求してくるのです。それから好みを探し当てるのがとても大変でした。

 

ロイヤルカナンのシリーズで食べるのは療法食の物ではなく通常のドライフード(しかも高いやつ)ですし、サイエンスダイエットのシリーズは食べづらそうにしていました。

 

シーバや銀のスプーン、カルカンにモンプチ・・・。

 

最終的に判明したことは味のついているものが好きということでした。

 

現在はドクターズケアの療法食の物に落ち着いているのですが、何時また飽きるかわかりません。

 

なので様々な種類のキャットフードが少量ずつ入った商品が無いか、どこかのメーカーさんが出してくれないかと割と本気で望んでいます。

更新履歴